国立看護大学校同窓会員の皆さまへ

皆さまにおかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
国立看護大学校同窓会は2005年に設立され、これまでに多くの学生が卒業し、会員数は1067名となりました。
本会は、会員相互の親睦を深め、看護の発展と社会に貢献するとともに、国立看護大学校の発展に寄与することを目的としています。
皆さまの中には、病院の臨床現場だけでなく、大学院への進学、さらには行政・国際社会においても、自身の専門性を高め、看護の貢献に寄与されていると伺っております。
本会は、会員どうしのネットワークの構築だけではなく、在校生のキャリア支援も視野に入れて活動しています。
昨年は、同窓会員や在校生を対象に「ワークライフバランス」をテーマとした講演会を開催しました。子育てしながら働く先輩看護師からのメッセージは、特に在校生にとって、卒業後の働き方のイメージにつながり好評でした。

今後も多様な社会、価値観の変容に対応しながら、同窓会の活動を進めて参ります。
皆様のご理解とご協力を役員一同心よりお願い申し上げます。

平成29年4月
国立看護大学校同窓会長

基本情報

設立日 平成18年3月17日
会員数 1067名(2017年3月)
事務所所在地 〒204-0024
東京都清瀬市梅園1丁目2-1
国立看護大学校同窓会事務局(国立看護大学校内)
代表者 高橋 聡明(国立看護大学校同窓会長)

役員一覧

同窓会役員は、同窓会長1名、副会長2名、理事2名、監事1名、会計1名で構成されます。

会 長: 高橋 聡明(6期生)
副会長: 原口 昌宏(3期生)、岸 達也(3期生)
理 事: 坂本 岳之(3期生)、小林 咲(7期生)
監 事: 森山  潤(3期生)
会 計: 藤岡 亜未(6期生)

規約

国立看護大学校同窓会 規約(2012年10月6日改訂)